元来、デザイン作業はテレワークに適した仕事


打ち合わせはオンラインで、修正はメールで指示され、

作業が完了すれば、クライアントにデザインデータを、

印刷会社に入稿データをメールで送って仕事は終了。



最近はコロナ禍の影響で様々な業種でオンラインを利用することが多くなってきました。 ただデザイン業界では、上記のようにすでにコロナ以前から、デザイン作業はパソコンとネットを使ってするのが日常的でした。慣れた仕事であれば、ほとんど対面打ち合わせをすることなく作業が完了してしまいます。インターネットが普及し、整備された2010年辺りからこのやり方が定着していきました。特にWebデザインにとってはごく当たり前のことで、場所を選ばず、カッコ良く仕事しているデザイナーを多く見かけました。細かいデータのやり取りやイメージを優先するデザインの世界では、ネットを利用して、確実で、スピード感を持って対応できたのです。



デザイン作業だけではなく、デザインの肝であるアイデア出しやコンセプト作りも一人で集中してする方が作業が進みます。資料を集めるのもネットで簡単にできるし、自宅に居れば他人の目を気にせず息抜きもでき、メリハリをつけながら、自分のペースで作業ができれば効率も格段に上がるでしょう。


コロナの時代、オンラインの普及とともにデザイン業界だけではなく、場所を選ばない、都心に限らず地方で安心してできる仕事は確実に増えていくでしょう。そんな中で、創造的なグラフィックデザインの仕事はその中心を担う大切な仕事となっていきます。




#アフターコロナ #テレワーク #リモートワーク #デザイン作業 #在宅勤務

2回の閲覧