Image by v2osk

デザイン基礎講座

グラフィックデザインの基礎と実践

デザインを学習するためには、優れたデザインを参考に練習を重ねて慣れていくというのも一つの方法ですが、まずはしっかりしたデザイン理論を学び、練習を重ねながら技術を磨いていくことが重要です。体系的に学ぶことで、幅広い対応力が備わってきます。デザインアップの<デザイン基礎講座>は「グラフィックデザインの基礎」から始めて、デザインの構成要素である「レイアウト」「色」「文字」「形」をしっかりと学ぶ、体系的かつ実践的なカリキュラムになっています。

① グラフィックデザインの基 礎

グラフィックデザインの基本的な知識や必要な技術などを総合的に学びます。デザインの構成要素や特性、また使用されるメディアの役割など詳しく説明します。

② グラフィックデザインの実 践

​グラフィックデザイン基礎を踏まえて、作品例を見ながらデザイン制作の過程やコンセプトづくりを学びます。各メデイア制作のポイントについてもご紹介もします。また印刷・Webについても触れます。

レイアウト

平面構成とレイアウト

レイアウトは、デザインの骨組みを決める上で重要です。情報を整理し、全体が決まれば、文字などの要素の配置も決まってきます。見やすく、インパクトのある紙面構成を作っていきます。

配色デザインの基礎

色はグラフィックデザインにおいて重要な要素です。色は直接的に人の働きかけ、メッセージを伝えます。色の持つ性質や効果を理解し、デザイン表現に生かしていく方法を学びましょう。

文 字

文字とタイポグラフィ

​タイポグラフィを使ったデザインや編集デザインを解説します。和・欧文文字の特徴や書体イメージを把握し、ポスターのデザインや雑誌紙面のレイアウト手法を学びます。

ビジュアル要素と実践

デザインでは様々なビジュアル素材を扱います。写真、イラスト、ピクトグラムなどについて考察を加え、実践的な利用法を見ていきます。ロゴタイプも解説します。

多くの作品例が掲載された

オリジナルテキストで学びます。

スケジュールは2週間単位で組まれています。レッスンは必ず土曜日の<グラフィックデザインの基礎>、水曜日の<グラフィックデザインの実践>と順に受けてください。その後はどの講座でも受けていただけます。

 

レッスンスケジュール表

スケジュールは2週間毎に繰り返されます。レッスンは必ず最初に土曜日の<グラフィックデザインの基礎>から受けてください。その後は順序に関係なく、どの講座からでも受けていただけます。

<第1週>

<第2週>

※途中10分間程度の休憩が入ります。

​※スケジュール表は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

Image by Europeana
Image by Tim Mossholder
Contact
​お問い合わせ項目をお選びください。
  • Facebookの - 灰色の円

@2019 DESIGNUP  All Rights Reserved.

疑問点などありましたら、

お気軽にお問い合わせください。